看護師

名医の腕で術後が変わる|ヘルニア手術の先生選びは慎重に

負担の少ないヘルニア治療

困る

飛び出した軟骨を切除

ヘルニアとは、体の組織のひとつが、本来の場所から飛び出してしまった状態のことです。特によく生じるのが、背骨のつなぎ目にある軟骨が飛び出すタイプのヘルニアです。首の部分または腰の部分で生じるのですが、いずれの場合も飛び出した軟骨によって神経が圧迫されます。そして体を動かすたびに痛んだり、手足がしびれたりするのです。この痛みやしびれによって、体を動かすことが困難になり、寝たきりとなってしまうことも少なくありません。しかしこういったヘルニアは、手術によって完治させることが可能となっています。具体的にはヘルニア手術は、飛び出した軟骨を切除するという方法でおこなわれています。切除により軟骨は小さくなりますが、名医によるヘルニア手術では、それを最小限にすることができます。名医は、神経を圧迫する部分のみを的確に切除するので、多くの軟骨を残すことができるのです。

レーザーを使った治療

名医はヘルニア手術に、レーザーを使用することもあります。背中を小さく切開し、そこから軟骨へと管を挿入し、その管の内部から軟骨にレーザーを照射するのです。レーザーの熱で軟骨は多少傷つきますが、そのダメージにより軟骨では、自然治癒力が強く働くことになります。その自然治癒力で、レーザーによる傷はもちろん、ヘルニアも治っていくというわけです。軟骨を切除するという治療方法と異なり、軟骨が全て残ることになるので、体への負担は少なめとなっています。その分入院期間が1〜2日程度と短くて済みますし、術後のリハビリもスムーズに進みやすくなるのです。そのためヘルニアに悩む人の多くが、名医によるレーザーを使ったヘルニア手術を受けることを希望しています。

再発リスクをなくす

看護師

進行がんになる前の早期発見が大腸がんの場合には大切で、治るがんと治らないがんの分かれ岐となる検査を定期的に受けることがポイントです。また、生活習慣の見直しも病院では指導し、再発リスクを減らす努力にも努めてくれます。

詳細を読む

早期治療のための病院

病院

女性特有の病気である乳がんは、専門となる外科での検査や治療が展開できます。乳がんはステージで分けられるのが特徴で、がんの種類にも違いがあり、最終的な治癒率なども近年の医療技術の進歩から格段に上がっているため、不安材料が少ないがんとしても話題です。

詳細を読む

自宅で快適に療養する

ガイダンス

世田谷区には多くの在宅医療を行うクリニックがあり、サービス内容や料金によって選択する事が大切です。在宅医療を行う事によって、患者さんと家族が一緒に過ごしながら病気と向かう事できるので、リラックスした状態で治療をする事ができます。

詳細を読む