手

名医の腕で術後が変わる|ヘルニア手術の先生選びは慎重に

再発リスクをなくす

看護師

食生活の変化もあり、大腸がんは現在、肺がんや胃がんと同様に発症リスクは高まっています。特に中高年から急激に増加しているのが特徴で、今後の高齢化社会の中で内科や外科では大腸がんの予防に努めてくれています。食生活の影響が大きく、発がん性物質が増え、便秘が続くことで大腸の粘膜と発がん性物質が長く接触して大腸がんができやすい特徴があります。内科・外科などの医師が心配するのは症状にもあり、結腸がんや直腸がんは自覚症状が少なく、下腹部の不快感や大便に血が混じる場合に痔を疑いやすく、大腸検査を受けることを推進しています。早期発見の手がかりとなる大便のチェックは患者側が意識する内容ですが、内視鏡や生検などで精密に検査するのが病院側の対策で役割の1つです。近年、潜血反応は人の赤血球だけに反応するため、食事の制限も必要がない特徴もあり、気軽に検査を受けられます。

大腸がんの手術は胃がんに比べて対応が良いものの、病院においては課題も未だに問題視されています。また、一口に大腸といっても、長く曲がりくねった大腸には盲腸や直腸や肛門などがあり、病患部の環境や状況も様々です。千差万別的な病態に応じてそれぞれ手術を行うため、その方法も様々で、特に大腸がんで問題になる肝臓移転についても手術や対応は異なります。外科などにおいて治療成績も向上しており、がんが大腸の粘膜か粘膜下層に留まっている場合、手術後に再発する心配は少なく、粘膜だけのがんの完治は期待されています。しかし、粘膜下層まで浸潤している場合には注意が必要で、早期がんの段階であっても転移する可能性が否定できないため、早期発見や治療、定期的な大腸検査は大切です。