手

名医の腕で術後が変わる|ヘルニア手術の先生選びは慎重に

早期治療のための病院

病院

女性専門の医療機関

女性の病気として治療が必要な乳がんは、乳房にしこりなどの違和感を感じた場合、内科や外科とは別枠となる外来を訪ねて相談することが大切です。近年では、外科から独立している専科もあり、疑わしい異常も早期発見しやすいのが利点です。触診では乳房に触れてしこりなどをチェックしてもらうことから、医師に関しても同性であることが安心できると支持されています。乳がんの疑いがほぼナシと診断された場合においても、心配を拭い去ることは女性の立場では難しいため、3ヵ月程度後に再検査を受けることもできるなど、より一層、女性の精神面に配慮した携わりが展開されています。また、最近では乳腺専門のクリニックや診療所も増えており、検査も大病院と同等以上のことができるため、クリニックでの検査なども人気を集めています。

病期で分けられる

乳がんを治療するにあたり、性質と量的な広がりを把握することは重要であり、ステージが比較するものさしになっています。乳がんの治りやすさの指標はリンパ節移転の有無としこりの大きさで、客観性のある所見のために外科などでステージを分類し、普通のがんの一歩手前のような病変から4期まで、医師が診断して治療方針を患者とともに話し合う内容が展開されます。専門となる外科では、腫瘍が大きいかリンパ節への転移が見受けられる3期の乳がんに関して、手術治療よりも薬物治療を重要視しているのが特徴的で、先に抗がん剤治療が展開されてから手術を行う場合が多くあります。現在、治療技術も進歩しており、早期発見・早期治療へと治療成績も高まっているため、検査に足を運ぶ女性も増えています。